数年前、発情期にサカリがついてしまし、どうにかすぐヤレる女を出会い系の掲示板で探していた時の話。
その時はとにかく性欲を晴らせればだれでもよかったので、手当たり次第でした。

すぐヤレる女は掲示板であっさり見つかったw

特に、平日の午後ということもあり、なかなかみつからない中、掲示板に投稿するとひとりの女が乗り気でメッセージしてきたんです。
プロフの写真はかなりボケ気味。35歳、OL平日休み。プロフから、ちょいぽっちゃり。経験からこういう女はすぐヤレる。
「俺、正直サカリついてヤバい(笑」
「私も今日は休みで、かなりエッチな気分」
など、とんとん拍子でヒートアップ、まるで熟練漫才夫婦の掛け合いみたいでした。
後にも先にもこんなに即ヤリはありませんでした。
すぐヤレる女はこんなにあっさり見つかるとは思ってませんでした。
ま、エロ目的ならはっきり顔はさらさないだろうと思い、特に気にせずすぐにヤレるならいいやと思ってその女の家へ行くことにしました。

ほんとにすぐヤレそうだったw

渋谷から品川まで、電車賃ケチって自転車で(笑
家は駅近の古いURマンションでした。でかくて古くて不思議なことに、中を歩いていても全く誰ともすれ違わない。
なんか変な恐怖映画のワンシーンのようで、妙な緊張感がありました。
家に付いてピンポンを押すと、少しだけ空いた扉から、こちらを覗くように、カッと見開いた目が。。。(爆
まさに草間○生そのもの。恐らくけっこう年齢もサバ読んでる。。。そこまでしてすぐにヤリたがる年増女って。。。
一瞬の間にそんなことを考え、全身鳥肌が立ちました。(笑
ただ、ここまできて、「すみません、やっぱやめときます」という勇気も無く、勧められるがまま家にあがりました。
UR賃貸なので、リビングは広いのですが、見るからに古く真っ暗。気持ちの悪い人形が沢山ダイニングテーブルに並べてあるように見えました。
俺はどうしたらいいのかわからず、借りてきた猫状態。リビングを通って寝室へ通されると、寝室の小さなテレビでVHSの洋物AVが再生されていました。
今時VHSて。。。全てに混乱し恐怖のどん底に落とされたのですが、唯一その再生されたAVの女優のあえぎ声で、性欲が復活(笑
男なんてしょうもない生き物ですよ。ほんと。

すぐヤレる女と即SEX

ボンテージ姿で、黒いパンティのアソコ部分に自らハサミを入れたような穴があいてあり、それに妙に興奮し、行為に及びました。

行為が終わった後、その女が一方的に自分のことを話し始め、特にイタリアに頻繁に旅行に行っている、イタリア人は素晴らしい等、どうでもいい話ばかり。
あまりにも一方的すぎて、立ち上がる隙も見いだせず、その後2時間程話を聞かされました。
ようやく家を出ることを許されましたが、「また来てね、また来てね」を繰り返され田舎のおばあちゃん状態。
その後も何度かアプリの掲示板を通して連絡あったけど、ガン無視です。
人生最大の恐怖体験でした。(笑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。